JUGEMテーマ:これは気になるっ!

 

みなさん。こんにちは。WEB担当の石阪です。

 

 

11月に販売しました食品用アンカーコート剤ですが、チョコレートなどの油分がある素材にプリント前に塗っていただくと

インクが定着し、色味が鮮やかになります。

 

じつは‥販売前に色々な食品に定着するかどうかの

検証をしてみたんです‥

 

素材は、りんごの皮、棒付きキャンディ、こんにゃくゼリー、プリン、薄餅、豆腐、ガム、マーブルチョコ、お揚げ

その結果、りんごの皮、チョコレートは定着しました!それ以外の素材は定着せずにインクがにじんできました。

残念です‥(涙)

 

りんご以外の素材はアンカーコート剤を表面に塗布しても乾きづらく、印刷したら表面はあまりきれいではなかったです。

印刷直後はきれいに定着したと思ったら、数分〜数時間を置くと滲んできました。

理由は水分がある為だと推測されます。

【豆腐】

 

また、水分がないマーブルチョコやガムはアンカーコート剤塗布後に表面のシュガーコーティング部分が溶けてきて、

着色料が剥げてきました。(涙)

結局、印刷するのは難しい状態になりました。

【市販のマーブルチョコ】

 

素材によって合う、合わないの相性があるみたいで、

ぜひ印刷前にお試しください。 印刷後も時間経過で状態をみてくださいね。

 

棒付きキャンディーは特に定着剤なしでも印刷大丈夫でした!

印刷後はインクが乾くまで乾燥することが大事です。

 

 

以下の点に注意してください。

 

1.乾燥

食品用アンカーコート剤は使用前に十分乾燥させる必要があります。理想的な環境は湿度60%以下
で、風の当たる場所が最適です。
指で触ってべたべたしなくなったら印刷をしてください。
塗る量によりますが、薄く塗って目安20分〜60分ぐらい
注意する点は、食品用アンカーコート剤は一度乾燥しても、湿度の高い所に置かれると(蒸し暑い夏等)水分を吸収し膨潤し、
最悪インクがにじんでしまいますので気を付けてください。

 

2.塗布したチョコレートの保管

食品用アンカーコート剤を塗布したチョコレートは、乾燥した風通しの良い所に保管してください。
印刷後もおなじように風通しの良い場所にて保管をお願いします。
重ねた番重など、密閉されるような容器に保管すると、インクがにじむことがあります。

 

また、湿気の多い環境で印刷する場合は、印刷したチョコレートをしっかりと風に当てるなどして乾燥させ、
そのまますぐにピロー包装などで包装ししてください。
しっかり乾燥させてから包装することで、そのまま冷凍庫にいれ、出しても包装してあれば中で結露することはありません。

※全ての食品に定着するとは限りませんので、予めご了承下さい。
※対象のお菓子に水分があると、定着剤が安定しないことがございます。
※定着剤は塗りムラがない様に均等に塗ってください。
※定着剤を塗っていただいた後はよく乾燥してから印刷を行ってください。
※お菓子の中に配合されている成分によって乾燥時間や定着度合いが異なります。

 

【ホワイトチョコにアンカーコート剤を塗布後印刷】

 

気になった方はぜひご購入くださいませ^^

 

 

【国産】食品用アンカーコート剤|100ml×1本 6,480円(税込)

購入はこちらよりよろしくおねがいします。

http://soken-creative.com/?pid=154819142