どうも!生産管理部のサジです。

 

急に寒くなりまして、皆さま風邪などひいていませんでしょうかはてな

 

今回で3回目となりますが、天然色素インキの経過をお知らせします。

これまでの経過を下記の画像を参照してください。


左:今回 真ん中:8/23 右:6/28(仕様メディア:可食シート)

 

一番古いものと比較しても、ほとんど色の劣化やにじみはありませんでした。

残念な点としては、やはり色が薄い点ですねkyu
にじまないのは利点なのですが、現行インクと比較してしまうと、どうしても濃度が薄く仕上がってしまいます。
色バランスなどもあって、これ以上の濃度アップは難しいかもアセアセ


あとインクとは別で印刷した可食シートですが、
検証のため室内の環境(温度15℃〜25℃・湿度50%〜70%)で保管をしていたところ
6月に印刷した可食シートがパリパリに破れてしまいました。

 

保管環境にもよりますが、やはり環境が保たれていないとシートが劣化してしまいますね。食べ物ですし・・
開封・印刷した可食シートは、ご使用しない場合お早めにフードプリンタ専用シート保存袋に入れて
保管してくださいね。購入は下記のサイトをご利用くださいき

 

フードプリンタ専用シート保存袋(小) 

フードプリンタ専用シート保存袋(大)


また開発・検証に進展がありましたら、皆さまにご報告しまーすバイバイ