記事ヘッダー

オブアートって何?

 

オブアートってご存知ですか? たとえばInstagramで、#オブアートと検索すると実に9000件以上があがります。すごいですよね。

ボンタン飴を包んでいることでも知られているオブラートに 食用色素で絵を描いて、お弁当やパン、お菓子なんかを オリジナルに彩っているようです。オブラート+アートでオブアートって事なんですね。

 

 

ともに、とても素敵な出来上がりになっています。ところで、どうやって描いているんでしょう?

 

オブアートの描き方は?

 

YouTubeで多くの方が、オブアートの描き方についてアップされています。その中からrecipeee様の動画をご紹介いたします。

 

 

食用色素をつかって、オブラートに絵を描いて、チーズにのせて焼く。 これは、なかなかムズカシイのと自分の絵心が試されますね。それにしても動画の方、手先がすごい器用で、うらやましくなります。

 

実はかんたん!オブアートの時短方法

 

私みたいに手先が不器用な人や、商売(自社の飲食店など)でオブアートを考えている人もいますよね?

そんな人におすすめなのが、コレ。 まずは動画をご覧ください。

 

最初の7秒くらいまでに、専用フードプリンタでの、オブラートへのプリントの様子が見ることが出来ます。

 

いかがでしたでしょうか?

専用フードプリンタで描くのに、おそらく1分足らず。手で描くのをプリントに変えるだけで、時間が大幅に短縮します。 しかも作りたい色の配合方法などを気にせず、フルカラーで楽しめます。どうしても手描き!な人は、描いた絵をパソコンなどに、スキャンしても良いかもしれないですね。

芸術の秋に、オブアートを大幅な時短で、素敵な作品を量産してみてはいかがでしょうか。

(辻)